12月20日 集中練習

 こんにちは。
 今年はグランシップが工事中ということで、代変わり後は太鼓を使った練習が少なかったのですが、この度工事完了したということで早速練習室を借りて集中練を行いました。
基礎練
 ここは大きな鏡があって、自分の打つ姿勢などを自分の目で確認することができるのが一番の利点です!自分の腕がどのようにあがって降りてきているのかを見ながら周囲のアドバイスを聞くと、どう直せばよいのかよくわかって、理想への近道になります。
また、久しぶりの太鼓を使った練習、モチベーションも高まりました。
 

補正済み3
 長谷川を1年生も覚える時期になり、大体の叩き方は出来るようになったので今回は細部の練習をしました。
難しいタイミングで入らなければならない部分や、座った状態から叩く姿勢へのかわり方などを集中的にやりました。なかなか習得するのは難しいですが、地道に練習するしかないですね。1年生はもちろん、2年生もまだまだ伸びしろはあるはずなので、もっともっと良い長谷川をつくっていけたらいいです。

補正済み5
 さて、上の写真は斜め打ちの練習風景です。いよいよ1年生が斜め打ちに挑戦です!斜め打ちは駿馬や猛御雷、鼓月などで使います。駿馬は普段演奏でよく使うので、斜めが出来るようになれば自分の出演の幅が広がります。
 とはいえ、教える方も教えられる方も難しい・・・。1年生は初めての斜め打ち、慣れない全身の動きに戸惑いながら、2年生は「腕のもっていき方はこうで…?」「違うよ、こうじゃない?」などと互いに確認し合いながらの伝授です。(^^;)
 時間の都合もあって、今回は右腕の叩き方しかやれなかったので、タイヤで練習もしたいと思います。

 今回の集中練は、2年生にとっては初めて自分たちだけで段取りをして実行したものだったので、色々苦労をしましたが、これで運営という面で一つ成長することができたのではと思います。今年引退されたしんさんも応援に来てくださり、後輩一同大変嬉しかったです!ありがとうございました!
 グランシップが使えるようになったので、これから太鼓を使った練習も増やせると思います。1年生に太鼓の楽しさをたくさん味わって欲しいという思いもこめて、練習頑張りたいですね。
 

 

 さて、今年は龍韻太鼓20周年の節目の年ということもあり例年よりもOBOGの方々、地域の方々、学校関係の方々にお世話になり、そのような周囲の支えにたくさん助けられた年だったのではないかなあと、わたしは思います。大きな節目の後の龍韻を私たち20代目は任せられたわけになりますが、来年は来年で変わらなければならないこと、変わりたいことが龍韻としても個人としてもあるのではないでしょうか。きっと奮闘の一年が待っているのではないかな…?
 これまで受け継がれてきた龍韻太鼓を廃れさせることがないように、更なる躍進と活動の充実をさせていきたいと思います。今後とも、龍韻太鼓をよろしくお願いします。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。